べびプリ最前線で戦う男達・特別編

第九幕

あらすじ。

激戦を潜り抜け、ようやく「バレンタインパーティー」へと

辿りついた者は本部長、ハヤト、剣崎の3人。満を持しての突入であったが、

春風の「私もこんな赤ちゃんが欲しいな発言」で消滅してしまう……



///

反応が消滅……一体どうすれば良いんだ!?」

「よほど強烈な一撃があったらしい……まさか、蒸発か……」

「本部長までが蒸発だと!? 一体、べびプリは何を隠し持ってたんだ!」

「今の俺たちは満身創痍。悔しいが確かめに行く術も無い……だが……」

「だが……何だ?」

「蒸発したといえども、大気の中に本部長やハヤト、剣崎の原子が
    漂っているならば、十分サルページ可能!!

「で、できる……のか!?」

「これは、エヴァ最終回を観た俺なりの解釈であるが、まず――」

<中略>

「つまり、確かな自我さえ残っていれば肉体は再構築され、
    再び最前線に舞い戻る事ができるのだ

「なるほど、人を殺すのはいつだって『死んだ』という自覚なんだな……」

「死人が蘇るなど、これいかにもゆとりの発想なんだが、
    しかし、死んでもらっては困る! 生きて戦う事がもはや義務の俺達には
    死さえ敵前逃亡に等しいのだ」


///

???

「くそう、力が入らない……俺は一体……?」

「ハヤト、しっかりしろ、ハヤト! 気を確かに持て!!」

「ほ、本部長の声がする……けど、一体どこに居るんですか?」

「お前も私も、同じ大気中に風となって浮かんでいる」

「え、ええ〜〜〜ッ!? 死んだも同然じゃあないですか!!」

「私やお前達、最前線の兵士達にとって姿かたちなどは些末な事に
    過ぎん。
心が確かにそこにあるならば、死んだ事にはならん」

「しかしどうします、このままでは先に進めません」

「ハヤトよ、私と合体するのだ!!」

「合体!?」

<Transform!!>







「強化外骨格、ケルベロス!!」

「どええええええっ!?」

「あらゆる場面に応じて形状を変化させ戦う万能道具。それが私だ」

「本部長、自由過ぎやしませんか……」

「お前と私のトゥルー力を併せれば、春風といえどもきっと突破できる!
     さあ、私の中に入って来い!!

「は、はいッ……! あ、あたたかいです……

///


「ウ、ウェイ! 誰ですか!?」

「ハヤトですよ……というか、剣崎さん、無事だったんですか!?

「あまり大丈夫じゃないな……さっき、咄嗟に腹を切って、
    仮死状態になって乗り切った
んだけど……」

「もうあさひは突破済みですか! 後は、僕が春風にマジレスすれば
     ここは突破できますね!」

「が、頑張って……俺はちょっと無理し過ぎたみたいだ……」

<少しでも離れていろ剣崎、これから一発デカいのをぶつける!>

「は、はい!」








「本気返答術式……因果!!



ウォーーーーーーン

「凄い! 一瞬でシャッターが開いた!!」

「なんというトゥルー力! 本部長、これはイケますよ!!」

今の因果でケルベロスは63%の損傷を負った。やむをえん
      代償ではあるが、最後に控える海晴姉までは温存しておけよ>

「了解です!」

「止血が終わり次第、俺もそっちに向かいます!」

「わかりました! 次に控えているのは……霙姉か……」


///



「なっ! 霙姉のシャッター、突破済みだって!?」






「お……遅かったな……待ちくたびれたぜ」

「ホーク1!」

<無事だったのか!>

「海晴姉にブチ込むつもりが、目標がズレて霙姉にマジレスしていた」

「とはいえ、容易ならざる相手だったでしょう……」

「危うく塵になり果てる所だった……気をつけろ、俺は確かに海晴姉に
    マジレスするつもりだった。
が、いつのまにか目標は霙姉に変わっていた」

<恐らく……お前の本能が咄嗟に危険を察知して、海晴姉を
     回避したのだ>

「かもしれないです……海晴姉にぶつかっていれば、間違いなく、
    消えて無くなっていたに違いない……

「……ゴクリ」

<行くぞハヤト、もはや我々不退転! ここまで来たからには、
      一歩たりとも後ずさる事は許されない!!>

「はは……まだ連載前だってのに、えらい話ですね!」

「誇れ、俺達は紛れも無く、歴史の目撃者なんだ……

「征きます。必ず、真のトゥルーに辿りつきます!!





――こうして、戦いの最終局面は一人の新兵に委ねられた。

最後に控えるは、長女・海晴!!

幾多のトゥルー長男を血祭りにあげた姉妹の長たる海晴に、

果たしてハヤトはマジレスすることができるのか!?

最前線で戦う男達の意思は、バレンタイン更新に

打ち克つ事ができるのか!?

高鳴るトゥルーの鼓動が、彼らに終末の刻を告げていた……




///


一行メールフォーム欄

戻る

広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー