べびプリ最前線で戦う男達・特別編

第六幕


司令室前



「隊長! もうすぐ司令室にたどり着きます!!」

「うむ。他の皆はうまくやれているだろうか……?」

「……隊長、シャッターです……が、半開き?

「どういうことか……」

「さっきの衝撃で、もしかして開いたのかもしれませんよ」

「……何かの拍子に閉まっては面倒だ。一気に駆け抜けるぞ!!」

「ハイ!」



ダーッ!!



「うまくいきました、隊長も早く!」

「よし、突破しうおおおおおおおお!!?



ダーン!!


「た、隊長!!!」


えへへ――今日はねー
おにいちゃんを、


ま・ち・ぶ・せ
攻撃〜!


なぁんだっ


「ハ……ハハ……夕凪……ま、待ち伏せか……」

「シャッターに挟まれてなお、マジレスですか!?」

やるしかあるまい。夕凪の待ち伏せ攻撃なら、むしろ望む所!」

「しかし、ホタってはおけんとです!

「行けいハヤト! 一騎打ちの勝負、むしろ加勢は無粋よ!!
    わしは今、夕凪にひとりじめ!!

「た、隊長……! わかりました、存分にひとりじめされてください!!

「お前にもトゥルーの機微がわかってきたようだな……それでよい」

「どうか、ご無事で!!」


///


格納庫前

「いよいよ格納庫前……この先に、何が待ち受ける!?」

「では、ここのシャッターは俺が開けさせてもらおう」

「解放同盟! いよいよ『バレンタインパーティー』が近付いている。
    読者人気も高い姉妹がそろそろ登場しようって所で……ここの突破、
    ただごとでは済まんぞ」

「尚のことだ。悔しいが戦力的に俺はお前に劣る。ならば、俺が先に
     当たるべき! 真に心配すべきはお前自身の身よ!

「そ、そうか……なら、頼んでも良いんだな」

「俺の代わりなど幾らでも居る。心を繋いだ同志達が、俺の意思を
     継いでくれるさ……」


このウチには今まで――男がいなかったから。

初めての“お兄ちゃん”だもんな。


……。



「お、お兄ちゃんッッッ!!!」

ここでヒカルか!! えげつないのが来たぜ……

「ぐう、耐え難い……この興奮……四肢が千切れそうだ……!

「しっかりしろ! おい、負けるなッッ!!」


///

研究地区・兵器開発ブロック


「剣崎! どうやらこのシャッターでは小雨と更新できる」

「ウェ!コザメディスカ!?」

「……」

「ガンダムは沈黙している……どうやら、『まだ』のようだ」

「あまりスポットの当たらない小雨、融合は難しいですよ……」

「俺が行く。研究所所長として、興味深い」

「頑張って下さい……」


トントントン――

あ、あの、お兄ちゃん――
いいですか?

そろそろ――
晩御飯のお時間なので、
小雨が呼びに来ました。

「むむ……どうやら単なる連絡更新! 悶絶分は少なそうだ」

「このまま無事に交信できればいいですけど……」



……ええ、
もちろん今日は特別のパーティーです!
お兄ちゃんと会って初めての今日この日


あの――
みんなでお兄ちゃんをお祝いっていうか――
歓迎っていうか――
告白っていうか――


「おおおおおおおおおッ!?」

「橘さん、ファイトです!!」

 


あの――


「「なんかクルーーーーーーー!!!」」




――きゃっ!
うわっ、だ、誰かぶつか――


あ!
麗ちゃん!?



ゴォーーーーーー


「ズゴーッ!!」

「オ、オ……オンドゥルルラギッタンディスカー!!

「もうダメだ剣崎……まさかの番狂わせで心が折れた

「見てください橘さん、シャッターが二重構造になってます!」

「ギュウーン」

「ガンダム! 橘さんのアダを討つのか!」





to be continued...

///


一行メールフォーム欄

戻る

広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー