2008/2/14


「ええい、べびプリバレンタインカードはまだ届かんか!」

「だから、出し忘れたんじゃないですか! 各方面から『届いた報告更新』が
    出てくる度に泣きそうになりますよ……隊長のスカタン!

「上官に対してスカタンとはなんだ!」

「ううう……く、悔しい……姉妹からのバレンタインカードの無い
    バレンタインなんて、犬のクソにも劣るような一日
じゃあないですか……」

「ナカジマ、今日は涙酒だ……」




「「隊長! 大変な事が起こりました!!!」」

「な、なんだ2人とも、そんなに慌てて……」

「まさか、応募してないハズのカードが届いたとかか!?」

「いや、もはやカードなど些末な問題!! 今べびプリに
      激震が走っています!!

「とりあえずだな、本部、壊滅だ

「馬鹿な! 核攻撃にも耐えうる本部が壊滅だと!?

「一体何が起こったっていうんだ……」

「この最前線をはじめとする各拠点に、『バレンタイン更新』とだけ
      書かれたメッセージが送られています。しかし、何故か我々の
      端末ではブログにアクセスできないのです」

「スクランブル発動というわけか……事の真相は、恐らく本部にあるな」

「しかし隊長、あの本部を全滅させる程の威力がブログにはあったと
    いうことです。
迂闊に触れてはいけないものかもしれません……」

「望むところだ。むしろ、我々は良い死に場所を見つけたのかもしれん

「逝くのですね、隊長」

べびプリ最前線、実質上の初陣というわけですね……」

「各員に告ぐ! これから我々べびプリ最前線カントーアケボノ地区総員は
    本部に赴き事態の真相を探る。厳しい戦いになるだろうが……諸君ならば
    一騎当千の兵となりて、これを打ち破れると私は信じている」

「了解! チンケな戦場など、俺たちには必要ありませんよ」

「了解! 消し炭になったとしても戦闘を続けます」

「了解! 最前線の力、ここで魅せましょう!」



///


本部前

「これより作戦行動を開始する。フォーメーションはガンマ・フォーム。
    わしと山田が先陣を切るから、ナカジマとハヤトはそれを援護しろ」

「待て! 迂闊に本部に近寄るんじゃない!!

「た、橘さん!?」

「本部では今、『異次元没入強化装置』の試運転がされています。
     恐らく、今回のブログの更新と装置の機能がリンクして強大な
     破壊力が生まれたのだと研究所では考えています」

「下手に近寄れば、トゥルー家族の愛情過多で蒸発してしまうんです

「愛情過多による戦死は我々最前線の望む所。問題は無い」

「ナカジマくん、そういう事は最終回までとっておくものだ

「!!」

「始まって一ヶ月そこらの企画、まだ間もない初発の祭りで
    ボロボロになってしまったら、何も始まらないだろう

「確かに、生きてこそってのはあるかもな……」

「隊長、通信があります。各べびプリ戦線から兵士達がコチラに
     集結しているとのことです

「おお! 同志達が集まってきたか!!」



「宇賀忍者、影蔵参上!!」

う、宇賀忍者だと!?」

「左様、音隠れの里より、盟友の危機を知って来たのだ」

「宇賀忍者といえば伝説の3忍に数えられる名門。これは頼もしいな」


「ジーズ騎士団、団長・ハロルド参上!!」

「公野軍、将軍・雷電、助太刀致す!!」

「出たッ! 東西最強と謳われる伝説の将軍ッッッ!!
    正に百人力だぜ!!」


「隣国の危機を知りて馳せ参じた、ワンだ。」

「トゥルー解放同盟参上! 今回ばかりは
    協力するぜ!」

「こちらホーク1。空中での援護を任せて欲しい」

「国や思想の違いを超えて、同志達が集まってくる……」



「お前達の半端な融合で、戦えるとは思えんな」

「ハジメ! 協力してくれるのか!!?」

「勘違いするな……あさひのチョコの事を考えると、居てもたっても
    いられなくなったわけだ

「相変わらずなんというロリwwwwwというかもはやペドwwwwww



「横綱・櫻ノ海! 角界を代表して
    協力するでゴワス!!」

「ヒュウ! スモウ・レスラーか。今日は最高にクールな1日だぜ!!

「フハハハハハ! 地獄からの使者、
   デスビーム!!」

「ど、髑髏が動いているだと……!? バカな、孔明の罠か!!?

「驚くのも仕方があるまいな。が、此度の更新、地獄の釜を
   ひっくり返すにはじゅうぶんなモノであった
ということだ」



「天界からの使者、ヘラクレス!!」

「なッ……! この戦い、地獄だけでなく神をも動かしたのかッ!?




ガショイーン ガショイーン




「お、おい!向こうから何か巨大なモノが近付いているぞ……!?

「なんと巨大な! 幻術の類とも思えぬ」

「おいおいまさか、アレまで出しちゃいます?」







「ぼくもたたかいます」

「ガンダム、キター!!」



「ようやく戦士が揃ったようだな」

「本部長!! 無事でしたか!!!」

「えっ……!? 本部長!!?」

「アケボノ地区のハヤトか、初陣の成果、期待しているぞ」

「犬じゃあないですか……」

神視点で見れば、動物も人間もさして変わらないぜ」

御犬様となれば、大事に扱わなくてはならんな」

「はぁ、そうですか……」

「私も先日ニューヤーク支部の視察から戻ってきた所で現状が
     把握できていないが、しかし私の嗅覚によれば、身の毛が全て
     抜け落ちてしまうような衝撃の空気が漂っているように思える

「ですが、更新の真相を知らなければ我々はいつまでたっても
     一歩進む事ができません。重大な局面でしょう」

「当然だ。ここに集まった19名の兵達……必ずや今回の
    事態を乗り越え、たくましくなってくれる事を私は願っているよ




こうして集まった19人の戦士たち!

「バレンタイン更新」とは一体何なのか!?

如何なる試練が彼らに用意されているのか!!?

2008年2月14日、時は動き出した……




to be continued...

///


一行メールフォーム欄

戻る

広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー