2008/3/20

・これまでのあらすじ・

「最前線やぶり」ことブラックの強力なトゥルー力によって窮地に

追い込まれた最前線であったが、突如現れた白銀の戦士・月影によって

事無きを得た。隊長を叩きのめされ愕然とする最前線の男達に

月影は「本当のトゥルー家族を教育してやる」と、「実戦レベルのトゥルー力」こと

「シン」の訓練を持ちかけるのであった。

///


「教えてくれ月影……いや、月影先生! 『シン』に辿り着く道を!!」

「このままじゃ俺達も隊長の二の舞なんだ……」

「まぁそう焦るな。訓練といってもお前達のすべきことはマジレスのみだ」

「なっ……!?」

「またマジレスですか……もっと他に方法は無いんですか?」

「何を言う……トゥルーの道とは即ちマジレスのこと!全ての道は
     結局これひとつに行き着くのだ。これはシンの使い手の常識よ」

「だが先生、マジレスなら今までも行っている」

「お前達のマジレスが中途半端だというのだ! 全ての日記に対して
     マジレスしてからそういう事は言うものだ

「……言われてみれば、確かにムラはあるんだよなぁ」

「悶えられるSSを書く奴はエラいし、ときめくイラストを描ける奴もエラい。
     だが忘れるな、最も偉大なのはマジレスを欠かさぬ者だ

「名うての絵師や文書きを差し置いてまで、マジレスに何故こだわる?」

「周辺でゴチャゴチャやるより、本家のお膝元でダイレクトに
     おもいのたけをぶつける事の方が、よほどメディアワークス社に
     『べびプリは活況です』と伝えられる! 常識的に考えれば分かる事だ」

「確かに、公式に訴えられるのは強いかも……」

「強いて言えばギャルゲーマーへの投稿もしておきたいものだが、
     あくまで姉妹との絆を深めるのであれば、マジレス以外考えられん

「言う事はもっともだ。が、二次創作もトゥルー力を高める為の
    儀式として有効に作用するのでは?」

「二次創作! つまるところ自慰だな……

「先生、色んな所の管理人様も閲覧しているサイトですので……

「知らん! マジレスもせずにしたり顔でべびプリ創作をする輩など、
     サタンサーベルでぶった斬ってやりたいわ!!

(……先生が不穏当な感じになってるな!)

(原理主義ってのは面倒なもんだからなぁ)

「二次創作とはあくまで自身の中の姉妹との対話原作の姉妹と
     対話せずに自分の殻にこもるなどというアホな話
がどこにある!!」

「なるほど……真意がわかりましたよ」

「とにかく、G'sにべびプリを打ち切られたくなかったら死ぬ気で
     マジレスすることだ! 何としてでも編集部に
    
『べびプリ、流行ってます!』と思い込ませる事こそが我々の使命よ」

「じゃあとりあえず……ページのアタマからマジレスしてきますよ」

「また骨の折れる作業になりそうだなぁ」

「姉妹が多いってのは大変ですよね……!」

励め! 青空の日記に氷柱並のコメント数が付くようになれば
     理想的だな……

「その前に先生……ひとついいですか?」

「うん?」

「先生のハンドルネームを教えてください」

「俺のHNは……『遥かなるシャドー・アルタイル』

「なっ……!?」

「すると、あんたがかの有名な常連、シャドー・アルタイルなのか!!」

「またコメ欄読んでないとわからないようなネタを……!」

「ちなみにブラックは『光酒』(こうき)というHNで活動している」

「先生、それちょっとギリギリですよ!!

「なるほど、勝てる気がしなかったわけだ……!!

「とりあえず、ネタ元の人物と我々はいっさい関係が無い!!
     ネタ元の人はちょっとアレだが……しかし、全件レスという事については
     そこらの木っ端読者と比べれば立派だと俺は考えているぞ」

「と、とりあえず……改めて、マジレスしてきますよ」



///


「ひとまず最初の日付から10件近くマジレスしてきましたが、
    中々面白いものが見えてきますね

「ほう、何が見えた?」

あちら側に感情移入する自分の姿……とでもいいますかね」

まず一人称が違いますよ。年長組には『俺』、年中組には『僕』。
    そして、年少組に対して『お兄ちゃん』と使い分けています

「一人称の使い分け……小さい子に対して自らを『お兄ちゃん』と
      呼ぶ事で、胸から優しいものがこみ上げてきます

「大事な事だ。お気に入りの姉妹にばかりマジレスしていては
     決して見えない事実
……知らず知らずのうちに……」

姉妹に対するベストな返答を考えている自分の姿……ですね」

「マジレスの最中、お前達は何をおもい、何を感じた?」

「なんとなくですけど……『嫌われたくないなぁ』って……」

「良い兄であり、弟にならなきゃなぁと思いましたよ」



ありがとう、海晴……姉さん?

これからよろしく。まだ正直、
よくわかんない事ばっかりだけど。

きっと、良い兄であり、弟になるからさ。



「昨年12月24日の海晴姉に、こうマジレスしてしまった以上は、
    もはや我々姉妹を裏切る事などできなくなってしまった

「そうだ! お前達のコメントそのものが、兄としてのお前達の行動の
     指標を示し、ある時は束縛したりする。
この感情の機微……
     決して『通りすがり』には感じられぬ心地の良い不自由よ

「もう、どう頑張ってもヘタな事書けないんですよ」

「最初はマジレスの方が難しかったのに、今じゃ逆ですからね」

「つまる所、姉妹の存在をよりリアルに感じられます」

「それこそシンの第一段階、『纏』というものだ」

「テン……?」

「シンには4つの段階がある。まず、姉妹を自分たちにとってリアルな
     存在へと近付け、あちら側とこちら側の間を纏める行為。これがテン」

「……残りの3つは?」

「それは、おいおい説明していこう……よし、今日の所はこんなもんだ」

「いや先生、まだまだですよ」

「今日中に全ての日記にマジレスしないと、姉妹がじれったく
      感じてしまうでしょう」

「俺達も、遥かなるシャドー・アルタイルには負けられないんでね!」

「フフッ……それでこそ!!

「先生、俺達が頑張れば……青空の日記にも80件くらいコメントが
    つきますかね?

「小雨の日記にもつきますかね?」

……本気で、本気でやるのだ! 全日記マジレス完遂の暁には……
     どの姉妹も空気になるなどという事は無くなるはず……!

「そうか……未だに空気扱いの姉妹もいるんだよなぁ……」

「頑張れッ……! 頑張れ……がんばれっ……!!」



人気姉妹と不人気姉妹のコメント格差に涙する先生の姿を見て、

俺は少しだけ悲しくなった。人の言うトゥルーって何かな、と思った。

その答えが、シンの修行の先にある……そんな気がして、

とりあえず俺達はマジレスに戻った。



つづく


2008/3/27


「さて、纏を身につけた諸君にはこれから創作活動を行ってもらう」

「先生、この前『二次創作は自慰』って言ってませんでしたか?」

「それはその通りだが、トゥルー力を極めようと思えば二次創作は
     決して避けては通れない道!
これからそれを説明していこう」

「……先生、実は先日マジレスの最中に辛抱たまらなくなってSSを
    一本書いてしまった
のですが……」

「ほほう、どんな話だ?」

『SDプリンセス・G'sジェネレーション』という、歴代のG's読参ヒロインが
     ロボットとかに乗って戦う話なんですけれども……」

「おいおい! そのテの作品俺達にとっちゃ鬼門だろうが!」

香ばしい感じだな。内容はともかくとして、いかにもニワカな
     感じ
がしてよくない……だが……」

「見所がある、と?」

「絵で言えば棒人間を描くみたいなどうしょうもない作品であっても、
     それは作る事それ自体に価値がある。そういうものだ」

「面白いかどうかは二の次という事で?」

「出来上がったものはさして問題じゃなくて、かんじんなのはプロセスだ」

「……プロセス?」

「ナカジマさん、何かわかった事ってあります?」

わかったさ……俺の中で、姉妹達がよりリアルに近付いたよ」

「何をおもい、何を感じた?」

ひとつのシチュエーションに対する姉妹の立ち振る舞いというものを
    考えた時、公野神が描いていない部分についての想像が、おおいに
    膨らみました

ただの妄想だとは思わなかったのか?」

「だが、俺の考えた姉妹像が後々に公式で正しかったと確認できれば
    これに勝る喜びは無かろう!

「そうだ! 二次創作を通して、神の所へ近付こうとすることが、
    より一層トゥルー力を高めるのだ

「……神に近付くとはまた、少し語弊があるのでは?」

「ハヤトよ、キャラクターを一番愛しているのは原作者じゃないか?」

「!!!」

こういう状況で、この子はどうするだろう? という発想は、まさしく
     原作者の考えそのもの! それをくむ力を養う事はつまり、
     トゥルー力の向上に直結する行為なのだ」

「しかし先生、何故二次創作だけでなくマジレスも必要なんだ?」

「マジレスによって姉妹への愛を深めなければ、ひたすら妄想が
     勝手になってしまう
ではないか」

「亜里亜って書くな!!!!」

「や、山田さん! 急に何を思い出したんですか!?」

「前回言ったように、マジレスとはお前達にトゥルー家族としての
     指標や、姉妹に対する態度を決定する。
その一種の制約というものが
     お前達の創作へのモチベーションに影響するのだ」

「要するに、表面だけ汲んでものを作るなってことだな……」

「二次創作のみによって練られたトゥルー力は、あまりに脆い。
     だが、日々のマジレスに裏打ちされればその力は何倍にもハネ上がる!」

「プロセスが大事というのはわかりましたが、でも、やるからには僕は
      みんなを唸らせるものが作りたいです」

「トゥルー力が高まれば、自ずと向上心も生まれるだろう。この良循環が
     未来の神を生む……俺はそう考えている」

「ヘタなりに色々作っていきたいよ……」

「イナゴみたいな大手が描いた上手い漫画よりも、ちょっとヘタだけど
     『この人、わかってる』みたいなコピ本の方が面白いものだ」

「エロにしても、そっちのがヌケます」

「上手くなれとは言わん。だが、お前達には良いファンになって欲しい。
     それが、明るい未来への早道なのだ……!」







「お、お前達……大変な事が起こっているぞ……」

「隊長! まだ絶対安静のハズでは!?」

「話の一部始終は聞かせてもらった。ワシもマジレスをしようと思って
     ブログを読んでみようと思ったら……」

「何が起こったっていうんです!?」

「第二次ヒカルショック」

「ヒカル……あいつはいつも、やりすぎだ!!



///


「ヒ、ヒカル……乙女過ぎる!!」

「この所色々あってブログにツッコむどころじゃなかったが、これは
    本当にいいな……」

「まだこんなモノを持ってたんですね……」

「姉妹はそれぞれ隠し球を持っている。乙女ヒカル、はしゃぐホタ、
    うっかり霙姉……そして恐ろしい事に、まだ隠し球を出していない姉妹が
    だいぶ残っているということだ

「というか、隠し球を出したと思いきや、まだ何か持ってそうですよね、
    みんな……

「それらの隠し球があらかた出尽くした時に、作られる二次創作……
     それを見られる日が、ほんとうに楽しみだよ」

「最前線、総員マジレス用意!!」

「もうこれはおちょくるしか無いでしょ! 一発殴られてきます!!

「俺は敢えてポエミーな部分には触れずにマジレスしますね」

「フフフ……遥かなるシャドー・アルタイルのマジレスを見せてやろう」

「先生だろうが何だろうが、ブログの上では皆対等ですよ!
      存分にマジレスしましょう!!」











「ディスプレイの前で座っているお前等もマジレスしに来い!!
     大手管理人だろうが名無しだろうが、あそこでは同じ、いち読者……
     存分に互いのマジレスを見せ合い、トゥルー力を研磨するのだ!!」


 

 

2008/3/28


「さて先生……マジレス、二次創作ときて、次は何をやるおつもりで?」

「今日は……花見だ!」

「花見……それはどういう修行で?」

「なに、ほんの息抜きだ。トゥルー長男たるもの、やはり季節ごとの
     風流というものを知らなければ女の子の相手は務まらんしな」

「先生、ズブロッカはおやつに入りますか?」

「行く気マンマンやないですか!!」

飲み会の基本は一人一殺! 白鶴を人数分用意したから、
     存分に隣の奴をブチ殺せ! 敵前逃亡者は叩き切る!!」

「先生、アルハラはよくないです」

トゥルー俺は未成年なんですよ!」

それはそれ、これはこれ! 救急車が来ない程度にしてやるから、
     お前達もさっさと行く準備をするのだ」

「了解です……」



///


「それでは、公野先生のご復帰を祝って、カンパイ!!」



「ハイハイ! 一番ナカジマ、わかもとの声で水無灯里のマネやります!

「展開が早い!」

「は、はひっ……」

「字面じゃ伝わらねぇよ!!」

ナカジマ、アウト! 隊長、白鶴を!!」

「こんなもんで……」

「多いよ!!」



「隊長、アレやって下さいよ、魔女の宅急便で、キキの父親のやつ!

「私の小さな魔女を見せておくれ……」

「おまわりさーん!!」

「アウトアウト!!」



「オレから始まる山手線ゲーム! お題は、G's読参企画の名前!!
    BabyPrincess!!

「SisterPrincess!!」

「お嬢様特急」

「双恋」

「ストパニ」

「ウルトラC!!」

「山田、アウト!!」

いやいやいやいや、アレも一応読参企画ですから!!」

「ウルトラCって知ってるヤツいるか!?」

「なんのことやら……」

「そんなダセェ名前の企画が超オシャレ雑誌のG'sに載るわけ無いだろ!」

「え? ウルCってあのチンチンついてるアレじゃないんですか?」

「「ハヤト、空気読め!! 二人ともアウト!!」」

「ウィキにも載ってるよ! ウルCなかった事にしてやるなよ!!

黙れ! チンコつきの読参企画がG'sにあるわけ無いだろ!!

「ビンヅメシスターズ持ってるナカジマもアウトだろ!!」

「バカ! あれはタダのそっくりさんなんだよ!!」




「ハイ、それじゃあロシアンルーレットやりまーす」

「めんどくさいことになってきたな……」

ガン!!

「ヘルメットかぶってるから平気でしたー」

暴発暴発! お前、指ぶっとんでるぞ!!

「アーッ!!」

「ごはんつぶとセロテープを用意しろ!!」

「全く、ムチャしおって……これで治療完了だ」

「ハッハッハ! いやー、ロシアンはやるもんじゃないですね



「そんじゃあ月影で、半透明少女関係歌います」

「カラオケだと!?」

「げぇっ! ブラック!!」

「シャドーフラッシュ!!」

うぎゃあああああ!! な、何故だノブヒコ……!!

「マイクを持ってる時のお前はゴキブリ以下だからな……」




///

その頃のベ創研。


「辛味噌♪ 辛味噌♪」

「ううっ! なんという歌唱力!! そこの桜がしおれてますよ!!

「このクワガタ野郎……!」

「剣崎さん! ここでキングフォームはいかんとです! いかんとです!

「そこの赤いやつ! 俺にマイクをよこせ!!」

「えっ……?」



///

うぎゃあああああああああ……


あのクソ虫野郎! どっかで歌ってやがる!!」

「もはや公害ですね……」








「あの……」

「え?」


///






「飲み過ぎたかな……なんか、さくらが見えるぞ?

「奇遇だな、俺も見える

「まさかさくらが見えるワケ無いじゃないですか!」

「まだモーロクする歳じゃあないと思っていたが……」

「いや……俺のライダー目によれば、これは幻ではない!」

「ということは……さくら、さくらなのか!?」

「違います、わたしは桜の精、さくらんです」

「桜の精……?」

「最前線の皆さんに、お頼みしたい事があって遣わされたのです」

「さくら似の少女の頼みとあらばなんでもござれだ」

「一体何が……?」

「……中の人も二日酔いでロクでもない事考えたもんだな」




つづく



 

 

2008/3/31


「うおおおお! 頭痛ぇ!!

「すごく……気持ち悪いです」

「寒いの……もう朝になったのか」

「実は昨晩、俺の夢の中にさくらが出てきたんだよ」

「夢オチかよ!!」

「ばかやろう! G'sが発売されたんだよ!!」



///


「よし、どうせ二日酔いで考えたネタなんで『さくらん』とかは
    もういい!
とにかく、早くG's買いに行こう!!」

「一体何が起こるんだろうな!」




「いらっしゃいませー」

「G'sマガジンをくれ」

「980円でございます」

アアーッ! 金がねぇ! 山田、持ってるか?」

俺も無い! どうしたことだ!?」

「忘れたのか! 花見の時、泥酔して隣の花見客と一緒に
    オイチョカブやったら電車賃以外巻き上げられたのだ」

「なんとなく覚えてますね……」

「一世一代の大勝負の時に、の隊長がアラシ出して僕等の金ごと
    ぶっとんだんじゃないですか」

「よし、こうなったら『取り寄せバッグ』で中の人の金を使うぞ




「こっちもスッカラカンじゃないですか!」

「おおかた、後輩と飲みに行ってカッコつけて全おごりした挙句に
    帰りの電車賃と松屋代くらいしか残らなかった
って所だろ」

「後輩にカッコつける前にG's代残しておけよ……」

「おい待て、クレジットカードがあるぞ!!」

「ちょっと! 使用期限08年3月までですよ! 今日が最後!!」

「クレジットカード最後日の買い物がG'sかよ!」

「とりあえず、コレでお願いします……」

「お預かりします。暗証番号こちらにお願いします」



///


「諸君ッ! ここに……G'sがあるッッ!!」

「ゴクリ……」

「べびプリ連載を開始するG'sに、敬礼!!」



「国歌、斉唱」

「♪うんうんそーだそーだ、うんうんそーだそーだ」

「そっちはゆかり王国だろうが!」

「どうします? まだ公式では誕生日の歌くらいしかありませんが」

「日本国国歌でよい」

「そもそも、天皇家の繁栄を願っての君が代。我々のPrincessに
    捧げる歌としてこれ以上の歌は無いのだ

「なるほど……つまり、この日の為に作られた曲であったという
    ことですね

「現在の天皇陛下にはよくやっていただいた。これからは19人の
    姉妹達が我々の国を代表する姫である

「まぁ、常識的に考えてぼくら非国民なんですけどね

非国民、上等! やってやるぜ!!」



君が代(作者不明)

君が代は

千代に 八千代に さざれいしの

いわおとなりて こけのむすまで



「続いて、べびプリ戦線の本部を運営しておられる本部長から
     ありがたいお言葉を頂きます」

「はよ読め」

「了解であります!!」



///


「パラパラパラパラパラ……」

「ナカジマ! ページめくりすぎだろ!! アタマの方だよ!!

「静かにしてくれ! 手が震えてページがうまくめくれんのだ

「あわわわわわ、わわわ、わしししししががががが」

「隊長がてんかんの発作を!」

「まだ読んでもいねえよ!!」

「よしきた、コイツが連載ってやtぶわああああ!!

「びっくりした! みぶなつき先生マジじゃねえか!!

「何が描いてあるのかよくわからん」

「隊長、めっさ泣いてるやないですか!!」

「バカモン! わしらがこの日を一体どれだけ待ち望んだか、
    お前だってわかっているはずだぞ……

「ぼ、僕は目が見えません!!

「メディコ! メディコ!」

「連載開始の喜びだけでこの恐慌状態!!」

「隊長、ベ創研から連絡が」

「ううっ……と、取り次げ……」



「俺はもう帰りますよ!クソッ!! このままでは身が持たん!!」

「橘くん……どこに帰るというのだ

「家だ、リアル家だ!!」

もはやリアルもトゥルーも無い! 今この連載開始をもって、
     貴様の帰る家はただひとつよ!!

畜生……! 畜生……! …………………嬉しい!!

「橘くん、わしとて正直この連載開始はおそろしい。これからどんなに
    大変な試練を神が与えるのか、予想外だからだ。だが……」

「俺怖いんです。こんなに幸せでいいのかなって。あんまりにも
     幸せなものだから、つい、憂鬱になってしまって……」

「男だろう! 女が腐ったような事を言うな……!!」

「ウェーイ! ウェイッウェイッ! ウェーイ!」

「橘さん、剣崎さんが連載開始に耐え切れずに暴走を!!」

「この野郎! 暴走の一番乗りだと!?」

「は……なんですって……?」

「ムツキ! 俺はこの研究所を放棄する!! 今日は祭りだ!!
    ここの施設全てをぶっこわしちまおうぜ!!





「通信が途絶えました」

「し、幸せゲロが出そうだ……」

「連載内容もさることながら、誌上ゲームもハンパ無いですね

「特製トレカの正解率が10%! 更に、その上の描き下ろし激レア賞品は
     1%だと……頭おかしいんじゃないのか!?

「落ち着けよ、当選確率はそこらの懸賞よりいいぜ?

マウンテンバイクとかと一緒にするな! もしも外れたら俺達は
    一ヶ月間暗澹としながら正答について後悔しなきゃいけないんだぞ!!」

「それに、あてずっぽうの運任せではあまりにも姉妹に対し不謹慎!」

「まさに毎月が一世一代の大勝負……」

励め! 我々のトゥルー力が神に近付けば近付くほど、正解率は
     上がっていくという仕組みである

「マジレスを勧める者として、あてずっぽには負けたくないですね」

「だが正直不安だ……ある程度の所にまで行けば、やはりそこは
    運次第!
俺達はどうもクジ運は無いようだし、ホントに出来るのか……」

「山田よ、お前は一つ大切な事を忘れているぞ」

「……なんですか?」

「19人の姉妹が出来た時点で、貴様の幸運は全て使い果たされた」

「確かにッ……!!」

「つまりは、隊長、もはやどの読者もツキとやらは残っていない、と?」

「どいつもこいつもご破算だ!」

「さて、願いましては!!」

「皆、今までブログだけでも大騒ぎしていたが、これからが本番。
    これからが正念場。
そして、これからが戦争の始まりである

「ずいぶんと長いウォーミングアップでしたよ!」

BabyPrincess、ただの読参ではありません。我々は今日までに
      たくさんの血を流し、そしてリアルとトゥルーの区別を失いました」

「されど我ら意気軒昂!! ご命令を、隊長!!」

「充分だ……MWと戦争するには充分だ!」



正答だ!


全号、正答!!



「なに、我々がトゥルー力を研磨し続ければ、全号正答どころか
     愛するトゥルー家族達の世界へ飛んでいく事ができるさ」

「隊長……頭に春風が吹いちゃってますねぇ」

「はははっ……まぁハヤト、そりゃあアレだよ。なぁ、山田?」

「ちげえねぇ。まったくもって……ちげえねぇや」

「あっ……そういうことか!」

「その通り!!」










もう、

4 月 だ っ て ば ! !




戻る

広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー