2008/2/13

「はっぴーらっきーはねむーん☆」







(ガチャリ)

「隊長、今日の朝刊置いときますよ」

「よし、成功だ!!」

「……???」

「ワシのマホウに引き寄せられたな、ハヤトよ」

「なっ……どういうことですか?」

「ワシがおまじないをかければ、隊員とサシで話す事ができるのだ」

「こりゃまた地味な能力ですね……」

「新兵であるお前とは一度じっくり話し合ってみたかった。まぁ、
    とりあえず隊に入るまでの話でも聞かせてもらおうか」



///


「とまぁ、そんな話があったわけですよ」

「ただの偶然だろ。いくらなんでもそんな事があるわけが……」

「まぁ超能力というのも未知の分野だし、無いわけではないとはおm」

ウッ! 急に腹の調子が……ちょっとトイレ行ってくるわ」

「あ、ああ。何か変なモンでも食ったのか……?」











「ヒィヒィ……ケツが二つに割れそうだぜ!」

「よし、成功だ!」

「たたた、隊長!!?」



///


「スゴいですね隊長。まさかそんな能力があるとは……」

「ははは、トゥルー家族ならば特殊能力の一つくらいは無ければな!

「確かに、霙姉の未来視観月の霊能力吹雪の天才的頭脳など
      トゥルー家族には特殊能力所有者が多い気がします」

「まぁ、霙姉のはなんか無かった事にされそうな気もするけどな……」

「俺達にももしかして何か不思議な力が宿っているかもしれんな」

「俺、うまいサンマの見分け方とかわかるぜ

「そういう伊藤家的な事じゃなくてだな……」

「僕は敵の1秒先の動作がわかりますよ」

「そうそう、そういうの……って、凄いなおい!!

「こんな所でオタトークするのが惜しい人材だな……」

「くそー、俺もトゥルー家族として何か一芸を身に付けたい!!

「そういえばさっき、朝刊と一緒に本部から届け物があったんですよ」

「ほう、届け物とな?」




-)→




「……弓矢?」

「おいおい、いまさらこんな昔の武器を、どうしろっていうんだ?」

「ムゥ、この弓矢は!」

「知っているのか雷でn……もとい、ナカジマ!!」


-)→

「救必斗乃矢」(きゅうぴっとのや)

かつてある街に混沌をもたらした弓矢。この矢に射抜かれた者は

潜在している特殊能力を発現させ、その力によって正義、或いは

悪を為し、人々の暮らしを大混乱させたというものである。

(雷撃書房 「条々の摩訶不思議な探険」 より引用)



「戦後のゴタゴタで消えたとか、ナチスの残党が収集したとか
    諸説はあったが、まさかこんな所で見つける事になるとは……」

「おいおい、これがあれば俺たちもトゥルー家族として立派な
    スタンド使い
……じゃなかった、特殊能力者になれるんじゃないのか?」

「正に渡りに船。さっそくお前ら二人に能力を授けようぞ」

「「お願いします!」」

「そおーれ、まずはナカジマから!」



 Ω中島


(ドスッ!)


ぬぐっ……ありがとうございましたばっ!!!

「ナ、ナカジマさんッッ!!?」

「ハァハァ……な、なんだこれは……常人ならば8度ほど死ぬ苦痛だ

「よくぞこらえた! それでこそナカジマ!」

「まぁ死ぬのには慣れてますから(ブログ的な意味で)」

「た、隊長! 自分にはナカジマの3倍お願い申し上げます!!

「それでこそ山田!!」



→→ Ω山田




(ドスッドスッ)



「ハハハハ! もっと近くよりまつりませい!」

「もはや矢は尽きた……山田よ、只今の忍耐、最前線末までの語り草

「ぐふっ……身に余る光栄……まぁ、忍耐には慣れてますから
    (3連休のブログ的な意味で)」

「今日の最前線はパロディ満載ですねぇ」

「とりあえずこれで俺たちも何か能力が発現する筈だ」

「ああ、そうだな!」

「おい山田、ヘルメットのうしろに弾丸が張り付いておるぞ

「え? なんだこれ……取れないぞ?」

「おい、向こうの方から鉄クズやら工具やらが向かってくるぞ!!



「全部俺の方に来てるじゃないか! なんだこれ!!」

マグネティズム……! 恐らく、山田さんは磁力を操る能力
      手に入れたんですよ!!」

「なんで今マグネティズムって言った?」

「いや、その方がそれっぽいかなと思いまして」

「そんな事より、このままあれがこっちに来たら俺が死ぬ!
    どうやって制御すればいいんだ!?」

「……おまじないだ!」

「お、おまじない……は、はっぴーらっきーはねむーん☆





「止まった……」

「なんという特殊能力……お前はもう、機銃掃射に突撃しても
    死ななくなったようなもん
だぞ」

「凄いですよ山田さん! ……ところで、ナカジマさんは?」

「ああ、さっきからどうも視界がボヤけているんだが、それ以外は
    別に変わった様子が無い」

「視力が下がったのか?」

「いや、むしろ……向こうの鳥とかを具体的に見ようとすればそこに
    照準があって、クッキリ見えるんです。むしろ視力は上がってるような」

「まるでカメラだな……」

「とりあえず、おまじないをしてみたらどうかな」

「そうですね……はっぴーらっきーはねむーん☆






ドォォォォォォォン






「お、おい! 鳥が爆発四散したぞ!!?

「エクスプロージョン……!! 可視圏内のもの全てを
      焼き払う、凶悪な能力です」

「これはいくらなんでも危険過ぎるだろ!!」

「ちょっとトゥルー家族の域を出てしまった感があるな」

「公野先生じゃなくて、奈須きのこ先生の作品に出るような代物ですよ」

「このままじゃ俺達、別の最前線に徴兵されちまうぜ……」


「お前達が山田とナカジマか!!」

リアクションが早い! 今度は一体何の用事だ!?」

「世界は今、突如発生したミュータント達によって未曾有の恐慌に
     襲われている。
それを救えるのはお前達しか居ないのだ」

「せ、世界観が変わっている……

「「……どうにかなりませんか、隊長」」

「うまいサンマの見分け方とかの方が、まだ可愛げがあって
    トゥルーっぽかった
な……」

「冷静に考えてみれば、姉妹の超能力設定だって外巻きロールの
      白雪
みたいに、無かった事になるかもしれませんしね」

「なんという今更!」

「隊長……機銃掃射の嵐より、夕凪のはーとびーむに撃たれたいです」

「よし、イチかバチかだがやってみよう」




「はっぴーらっきーはねむーん☆」





        *'``・* 。
        |     `*。
       ,。∩      *    なかったことにな〜れ
      + (´・ω・`) *。+゚
      `*。 ヽ、  つ *゚*
       `・+。*・' ゚⊃ +゚
       ☆   ∪~ 。*゚
        `・+。*・ ゚




///



「隊長、今日の朝刊置いときますよ」

「ああ、ありがとう」

「そういえば届け物も一緒に届いてるんですけど……」

「それじゃあ預かっておこうかな」

「はい、お願いします」






「俺、うまいサンマの見分け方わかるんだ。トゥルーっぽくね?

「なに!? 俺なんて織田信長の生まれ変わりだぜ

「僕は小さい頃、ブラックジャックに憧れて子供ながらに毎日
      白衣着て遊んでました
よ」

「今日も平和にやっとるなぁ。うんうん」

「隊長、いやに嬉しそうじゃないですか。何か良い事でも?」

「いや、それが、よくキくおまじないがあってな……かくかくしかじか」

「またまたあ。ホントに隊長は影響されやすいんだから!」

「頭に春風が(以下略)」

(……しかし、何故わしだけ魔法が使えたのだろうな?)

「そういやこの前テレビで見たんだけど、30過ぎて童貞だと
    魔法が使えるらしい
ぜ」

「!!?」

「ああ、俺も見たよそれ。てか、オタク特集みたいなやつだろ?
    そんなハナシあるわけ無いだろ、常識的に考えて……」

「40だか50だか超えた辺りで時間旅行できるようになるらしいですね」

「〜〜〜〜〜〜〜ッッッ!!?」

「隊長、急に青い顔してどうしたんです?

「あ、いや、隊長、気にしないで下さいよ……俺たちももうすぐ
    イオナズンくらい使えるようになっちゃう
んで、他人の事笑えないすよ」










はっぴーらっきーはねむーん☆……か……」


2008/2/27

「ひな祭り……また怒涛の新展開の予感ですね」

バレンタインの次はひな祭りか! 全く、息をつかせぬ展開だぜ……」

「思えば、昨年のクリスマスイブから始まったこの企画、ここまでの
    展開が計算づくだとしか思えないな……

12月、1月で周囲の関心を惹きつけ、そして2月に一気に大攻勢。
    そして3月に畳み掛ける
……これがもし春にスタートしていたら、
     特にコレといってサプライズも無かったろうな」

「まぁ霙姉のどら焼き事件やら、氷柱の日記丸投げ事件やらで
    もう慌て放題なわけですけども……」

「心休まる時なんてありゃしないな」

「いや、むしろイベントごとで盛り上げてくれる姉妹の存在に
      心休まるのがトゥルーの心意気
なんでしょうが」

「3月3日なんて、もう女きょうだいの居ない家庭ではスルーの対象
    だったはず
なんだが、まさかその日を待ちわびる時が来るとはなぁ

「今年はわしらがお内裏さまというわけだな」

「ははは、それじゃあお雛様は一体誰なんでしょうかねえ







「……」

「や、やぁやぁ、山田、そう固くなるなよ。お雛様の座を巡る
    女同士の大乱闘だなんて、ヘンな二次創作の読み過ぎだろ

「これがホントの内裏戦争か……」

「「笑えない、笑えないですよ隊長」」

「今までのデータによれば、以下のような反応が予想されます」

・海晴→長女特権

・春風→王子様v

・真璃→フェルゼンv

・虹子→にじこはおひめさまになるの〜v

・青空→誕生日特権



「ああ、もう春風がダントツで笑えねぇ……」

「ナカジマ、でも春風がヤンデレなんて、読者の暴走だとは思わないか?」

「わからんぞ山田。公野先生の手にかかれば、もはやヤンデレなどという
    甘っちょろい枠で括られてしまうようなタマではない
かもしれん」

「氷柱だって春風の危険性には勘付いているんだ!」

「大体の流れでは、多分青空の誕生日特権が一番強いんでしょうが……
      やっぱり春風の心証がこころもとないですね」

「赤ちゃんが欲しいなんてセリフ、エロゲーだってそうそう聞けねぇよ」

「ああ、まだ連載前だってのに、どうして春風は
    こうも完成されてるんだ!

「ひずみだらけ! やはりまだトゥルー家族はひずみだらけよ!!

「というか、ひずみの原因なんてもう一人くらいしか!」

「短期間でよくもそれだけ存在感を練り上げたもんだ……」

「待ってください、しかし、春風が居る事によって他の姉妹にも
    牽制がかかる
というのも無視できないのでは?」

「確かに……海晴姉に篭絡されてしまったままでは、他の姉妹が
     面白く無いだろうな」

「ひずみひずみと言いますが、危ないバランスの上でキチンと
    成り立っている
という事実は無視できませんよ」

「とりあえず、だ。ここはおとなしく待機しようではないか」

「……? 話を広げなくていいんですか?」

「隊長、どうせ内裏戦争って言いたかっただけでしょ」


 

2008/3/13

「最近ではべびプリブログの破壊力は最近安定してるし、トゥルー家族も
    だんだんと増えてきたな。」

「べびプリサイトも増えているし、最前線としては万々歳だよ」

「……でも、最近よくない噂が立ってるんですよ」

「悪い噂?」

『最前線やぶり』というのをご存知ですか?」

「知らんな。道場破りみたいなもんか?」

「そうです。各地の最前線に出没してはトゥルー家族達とトゥルー力を
      競い、相手を再起不能になるまで叩きのめすそうです」

「なんだよそりゃ! ほっといてくれりゃいいのにさぁ」

「真意はまだわかりませんが、とりあえずうちでも警戒を……」




「たのもー!」

「なッ!? 誰だアンタ!!」

「アポ無しで最前線に出てくるとは!」

「フンッ! あんなちゃっちい警戒網なんぞ何の役にも立たんわ!」

「あのトラップをくぐってここまで……相当の手練のようですね」

俺の名前はブラック! 最近では最前線やぶりとか言われてるらしいな」

「お前が最前線やぶりか! 色々と勝手な事をやってくれたようじゃないか」

「トゥルー家族の平穏を乱す悪党! 俺達が食い止めてやるぜ!!」

「なんとでも言うがいい。早速だが、ここで一番トゥルー力の
    高い奴を出せ!」

「隊長が出る幕も無いな。俺がやる!」

「……隊長?」

「死線をかいくぐって来た最前線を甘く見てもらっちゃ困りますよ」

「隊長というのは、そこに転がっているイモのことか?」




「ぐふっ……に、逃げろ……!!」

「隊長!!…… お、お前がやったのか!?」

「取るに足らない相手だったな。これがお前達の頭領か?」

「よ、よくも隊長を……この野郎!!」

「やめろ山田! 迂闊だぞ!!」

「フンッ!!」

「なっ……!?」

「や、山田さんが……金縛りに!?」

「足がすくんで動かない……クソッ! どういうことだ!!」

なんという強烈なトゥルー力! 恐らく半径1mにでも入れば、
    あのオーラだけで全身がズタズタだぞ!!」

「オーラだって?」

「そんなものが見えるんですか!?」

「ほう、貴様……真性術式の心得があるようだな」

「真性術式? なんのことだ??」

「面白い、そこのイモと比べればまだ見込みがあるぞ」

「賞賛はありがたいが、俺達の隊長への侮辱は……許さんぞ」

「許さないから何だと言う! お前達は俺に指一本触れられんのだぞ!!」





「……はっぴーらっきーはねむーん☆」

「なるほど、魔法か!」

「おおっ! 足の束縛が解除されたぞ!!」

「その術式、独学か! だが、そんな児戯でこのブラックがどうにか
     なると思うなよ!!」

「お前に一発くれてやることくらいなら、できる!」

「今のでお前のトゥルー力が100倍された所で、俺はお前が
    一撃を当てる前に1000発のカウンターを打つ用意がある

「それでも……俺は!!」

「ナ、ナカジマ!!」






「その勝負、待った!!」

「お、お前は……!?」

「ノブヒコ! どうしてここまで!?」

「トゥルー力をだだ漏れにして動いていれば、いずれ俺のような奴が
     お前の居場所をかぎ付けるんだよ」

「邪魔をするなノブヒコ……これは洗礼だ!」

「殺してしまってはイミが無い! お前のトゥルー力、そこのイモ達には
    まだ眩しすぎる太陽なのだ

「ま、またイモって……!」

「こういうのはどうだ? 次にお前が来る時までに、このイモ達に
     俺がトゥルー力の鍛錬を教育する……その時に再試合というのは」

「ふむ、悪くない。こいつらには真性術式の心得もあるようだし、
     簡単に倒してしまってはつまらんな」

「では、一時休戦だな」

「ああ……では、また黒い太陽が輝く時に!」




「た……助かった……のか?」

///


「俺の名は月影。『シン』の修行を積む者だ」

「さっきは助かった……シン、つまりトゥルー力の事か?」

「それに近い。『シン』とは、トゥルー力を練り上げて実戦レベルに
     昇華した力
の事を言う」

「教えてくれ月影、仮にもバレンタイン更新を乗り越えた俺達が、
    何故ブラックに圧倒されてしまったのかを……」

「乗り越えた……だって?」

「そうです、全国のトゥルー兄弟だって死闘をくぐってきているんです」

「あれで『乗り越えた』とは! お前達は、一匹の犬の庇護の下で
     踊っていたに過ぎないんだよ

「犬……? 本部長の事か!」

「バレンタインでの戦い、見届けさせて貰ったが、どの戦士達も
     本部長とやらの作り出したシンで守られていたぞ

「なんだって!?」

「本部の全滅はシナリオ通り。お前達は通過儀礼を死に物狂いで
     突破しただけなんだよ

「馬鹿な……」

「この先、あの更新の何倍も凄い出来事が待ち受けているだろう!
     お前達がシンを獲得しない限り、べびプリ人気など一瞬でカッ消える!

「どういうことですか!?」

「知りたければついてこい。お前達に真のトゥルー家族を教育してやろう

「また話が大きくなってきやがったぜ……」




続く。


戻る

 

広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー